巨椋修(おぐらおさむ)の新世界

作家・漫画家 巨椋修(おぐらおさむ)が適当に書いているブログ。

幽霊が怖いという人は他人が怖い人なのだ

『超常現象の真相』完読。著者の石川幹人教授はデューク大学ライン研究センターで超心理学(超能力や超常現象)を研究していた人。いまは明大の工学博士である。


 石川教授曰く「幽霊は怖くない。見知らぬ人がいるだけ。見知らぬ人が危害を及ぼすことはまずなく、見知らぬ人は将来の協力者と思え」ということを言っている。


 幽霊にせよ、生きている人にせよ、他人というのは自分の合わせ鏡なのだ。自分を信用していない人は他人を信用できないゆえに他人が怖い。


 自分が人を怨んでいる人は、他人も怨んでいるんだろうという目で見てしまう。


 つまりは自己評価が低い人が見る幽霊というのは、「怖い」ということになる。


 で、あなたは幽霊が怖いですか?





 巨椋修(おぐらおさむ)拝


わたし(巨椋修(おぐらおさむ))が監督した映画『不登校の真実〜学校に行かないことは悪いことですか? 』DVDになりました。
精神科医不登校に携わる皆さんにインタビューをしており、問題解決のヒントになれば幸いです。
TSUTAYA』のドキュメンタリーコーナーにも置かれておりますのでご覧になってください。


●巨椋修(おぐらおさむ)の著書



ビックリ!おもしろ聖書物語 (リイド文庫)

ビックリ!おもしろ聖書物語 (リイド文庫)






新版 丹下左膳

新版 丹下左膳

巨椋修(おぐらおさむ)は陽明門護身拳法という護身術&総合格闘技の師範をやっています。

陽明門護身拳法のHPはコチラ。門下生募集中!
https://youmeiyoumei.jimdo.com/


門下生募集中!お問い合わせは osaogu@yahoo.co.jp まで。